kitamura-_b.png

北村さん4.jpg北村さん2.jpgIMGP0018.JPG北村さん3.jpg

販売終了.jpg
ショッピングサイトへ移動します

シシリアンルージュの衝撃的な味と色に魅了された出逢い!!

出逢いは、地中海産トマトのタネの販売をしている会社から、道内初のお披露目で、特別招待された5人のうちの1人が北村さんです。そこで出された真っ赤なトマトの「シシリアンルージュ」は、
イタリアでは、加工用の品種と聞いていたのですが、一口食べ一目惚れ。その場で、即断即決で栽培することを決めました。

「シシリアンルージュ」とは、地中海はシチリア島のヴィ―ナスの口紅の意味!!

真っ赤な色のトマトが、たわわに実をつけた様子は、特別な果物としか思えないほど魅惑的で、心を躍らせます。
イタリアでは、調理用のトマトですが、水分が少なく濃厚な味わいは、普通の生食トマトよりも甘くて旨味があり、果物でも食べているような、新しい食感のトマトなのです。
成分の面でも、リコピン、プロリン、アミノ酸などが多く、“美肌トマト”とも言われて、女性の熱い視線を集めています。
また、このトマトを加熱すると、旨味がさらに濃縮されて、まるでプロの料理人が作ったような料理が楽しめると評判です。

トマト鍋も、生食用のカラフルトマトも、
北村さんの「シシリアンルージュ」が火付け役に!!

採れすぎたトマトをジュースにすることはよく聞く話ですが、北村さんは、最盛期の一番美味しいシシリアンルージュだけを使って、数日間追熟し、傷んだトマトを除いて、オホーツク産の粗塩を加えて加熱し、旨味を引き出します。
この塩にたどり着くだけでも、外国産、国内産の有名な塩を試して、やっとオホーツクの塩にたどり着きました。
さらに瓶詰めした後、ワインのように数ヶ月間寝かせて熟成、味と品質には自信を持って出荷できるようにしています。

シシリアンルージュとピッコラカナリアのジュースピューレ
カラフルトマト6種類を百貨店や生協向けに出荷

以前、東京の有名百貨店で、ブームになったトマト鍋と、生のカラフルトマトの販売も、北村さんが協力した新篠津産の「シシリアンルージュ」と「イエローミミ」がベースになっています。
こうした百貨店での販売で話題が広がり、ジュースピューレを一度飲んだ方からのリピートオーダーが寄せられるようになりネットでの販売にも加えることにしました。
美肌のためにストレートで飲むもよし、カクテルにするもよし、もちろんソースに使ってもよし。